アサーションの多様性・哲学・メタ理論

「アサーション」はいくつもあり得る

アサーションが自他を尊重する自己表現と定義されるなら,“自他を尊重する”をどう解釈するかによってアサーションにはさまざまなものがあり得ることになります。

関心に沿った“アサーション定義・概念・理論・哲学”の選択

さまざまなアサーションの定義のなかでも,機能的アサーションは伝統的なアサーションとはかなり異なったものです。そのどちらがより良い定義かということは,その人が置かれた文脈によって異なってきます。 いいかえれば,何が“良いアサーション”であるかはその人の関心によって決まるので,わたしたちは自分自身の関心に沿って,その都度,より良いアサーションの定義・概念・理論・哲学を選択すればいいのです。 この発想は「構造構成主義」というメタ理論に基づいています。